Loading...

2021年4月以降に実施された緊急事態措置またはまん延防止等重点措置に伴い、飲食店の休業・時短営業や外出自粛などの影響を受けた中小法人・個人事業者に対する給付金です。

◆対象者
ポイント①
飲食店の休業・時短営業または外出自粛等の影響を受けていること※

ポイント②
対象月の売上が、2019年または2020年の同月より50%以上減少していること

※2021年4月以降に緊急事態宣言またはまん延防止等重点措置の発令地域にある飲食店と直接・間接の取引があること。または、発令地域における不要不急の外出・移動の自粛による直接的な影響を受けていること。

◆内容:給付額の基本的な計算方法は以下の通りです。

2021年の1〜3月の中から、2019年または2020年の同月と比べて売上が50%以上減少している月を選びます(対象月)
「2019年または2020年の1〜3月の売上の合計」と「対象月の売上を3倍した額」の差が給付額です
ただし、中小企業は60万円、個人事業者は30万円が上限です。

◆支給額:支給額の算出方法は以下の通りです。

支給額 = 2019年または2020年の基準月の売上 – 2021年の対象月の売上

ただし、以下の上限があります。

中小法人等:上限20万円/月
個人事業者等:上限10万円/月

◆利用・申請方法

一時支援金と同様に、登録確認機関による事前確認が必要となる予定です。ただし、一時支援金を受給済みの場合は、改めて事前確認を受ける必要はないとされています。

申請方法の詳細は、今後発表される予定です。

◆受付期間

4〜5月分の申請は2021年6月中下旬〜8月中下旬
6月分の申請は7月1日〜8月31日

詳しくは月次支援金ホームページをご覧ください。